スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し社会派なネタで

今回は普通の話題です。

まずはソフトな話題から。


夏コミの当落の結果が出ましたね。

私はサークル参加するわけではないのですがお気に入りのサークルさんが受かったか各ホームページ等でチェックする予定です。




そしてこっちがメインの記事。

以下コピペ(文字色変更)


 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律案」、いわゆる“青少年ネット規制法案”が、6日午後の衆議院本会議で可決された。同法案は参議院に送られ、来週以降に審議される。

 青少年ネット規制法案は、6日に開かれた衆議院の青少年問題に関する特別委員会に委員長提案として提出され、委員会では全会一致で承認。午後の衆議院本会議でも可決された。

 青少年問題特別委員会の玄葉光一郎委員長は法案の趣旨について、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにする施策の推進にあたっては、青少年自らがインターネットを適切に活用する能力を修得することを旨として行なわれなければならない」と説明。対策は民間の取り組みが大きな役割を担い、国または地方公共団体はこれを尊重することを基本理念として定めるとした。



 法案の内容としては、国や地方公共団体は、青少年がインターネットを適切に活用する能力を修得できるよう必要な施策を講じるとともに、効果的な手法の開発・普及のための研究支援および情報収集などの必要な施策を講じるものとしている。また、基本計画の策定にあたっては、内閣総理大臣を会長として関係大臣で組織される「インターネット青少年有害情報対策環境整備推進会議」を設置するとしている。

 携帯電話事業者に対しては、青少年にインターネット接続サービスを提供する場合、保護者が申し出た場合を除いてフィルタリングサービスの提供を義務付けた。このほか、インターネット関係事業者に対しては、フィルタリングサービスの普及および利用を促進するための措置を講じるとしており、サイト管理者に対しては、青少年にとって有害な情報が発信されていることを知ったときには、青少年の閲覧を防ぐための措置をとるよう努めることが求められる。

 法律は公布日から1年以内に施行し、施行後3年以内に施行状況などを踏まえて内容を見直すとしている。



http://internet.watch.impress.co.jp/


まだ最終的な決議は出ていませんが通るような気がしますね。

どんなものが有害とされるかといいますと・・・

殺人、傷害、暴行、処刑等の場面の陰惨な描写その他の残虐な行為に関する内容の情報であって、青少年に著しく残虐性を助長するもの


http://www.ohmynews.co.jp/news/20080530/25736


見ての通りほとんどの作品が規制の対象になりますね。

しかしながら疑問なのがニュース等による殺人の記事なども規制の対象になるんでしょうかね?

突っ込みどころ満載ですがどうなることやら。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
プロフィール

不知火 焔

Author:不知火 焔
読みは(しらぬい ほむら)

多趣味なおかげでブログの記事のネタに統一感がほとんどなかったりします。
しかも更新は遅めだったり。



ばなー3再訂正
バナー絵になります、クリックで拡大しますのでお持ち帰りはこちらからで。
リンクフリーですのでどうぞご自由に。




プロフィール用アイコン&ばなーイラストを描いてくれた人:加斗様

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。